アロマ資格を取るなら|アロマセラピストについて

アロマ資格を取りたいという方は多いと思います。
アロマセラピストになりたいという方もいれば他のセラピストとして活躍していてアロマの知識もつけたいという方、その他合わせてトータルでボディケアを学びたいというかたもいると思います。
さらにスクールもいろいろあり料金、サポートなども違います。
ですからいろいろ比較して選ぶことになると思います。
アロマの勉強ができるスクールの資料をまとめて請求できるサービスがあるのでそれを利用するのが一番効率が良いのかなと思います。
そこでおすすめのサービスを紹介しておきます。

アロマの勉強・資格を取るなら


ビューティー資格ナビ

ビューティー資格ナビは美容系のスクール・資格の情報サイトです。
様々なすスクール・講座の情報が掲載されており、大手からそれほど知名度のないスクールなども掲載されています。
アロマ関連のスクール資格情報も多く掲載されています。
無料で一括で資料を請求できるので便利です。

ケイコとマナブ.net

ケイコとマナブ.netはリクルートグループが運営するスクール・講座資格情報サービスです。
様々な種類の講座・資格・スクール情報が掲載されており、それらを無料で一括で資料請求できます。
電話番号を記入しなくて良いというのもポイントです。
大手で掲載数も多いので便利ではないでしょうか。

アロマセラピーとは

アロマセラピーとは、エッセンシャルオイルと呼ばれる植物由来の揮発性の油を使った療法のことで、アロマテラピーとも言われます。
エッセンシャルオイルにはそれぞれ特有の香りがあり、その香りによって身体や心を健康にすることを目的にしています。
香りが脳を刺激することでホルモンの分泌を調整したり、免疫力を高めたりする効果があると言われており、介護や看護の現場、認知症の施術などでも使用されています。
ヨーロッパやアラビアでは、古くから民間療法のひとつとして取り入れられており、日本でも江戸時代に西洋医学が伝わった際に、エッセンシャルオイルを使った医療が伝わっています。
芳香を意味する「アロマ」と、医療を意味する「セラピー」を合わせた造語で、もともとはエッセンシャルオイルを薬剤として用いる薬物療法のことを指す言葉でしたが、フランスからイギリスにアロマセラピーが伝わった際にエッセンシャルオイルを使った美容法として広まり、それが日本にも伝わったため、現在の日本でアロマセラピーを医療として認識している人は多くありません。
アロマポットなどを使って香りを楽しむのが一般的ですが、湯船にオイルを入れて肌と呼吸の両方から成分を取り入れるアロマバスや、オイルを潤滑油として使うアロママッサージなど様々な形で利用されています。

アロマの資格の種類

アロマと言うのは、昨今特に女性に人気の資格になります。
その種類は実に様々ですが、最近では、メディカルアロマと呼ばれるものに注目が集まっています。
この効果は、医療の技術だけでは到達することが出来ない部分、すなわち精神的な部分のケアに非常に効果があります。
日頃、入院生活に疲れを感じている部分への癒しの効果になります。
具体的には、なかなか治療しても完治しない、または原因不明の病など、長期的治療を費やす可能性があるものに効果があります。
特に、終末期を迎える末期癌の患者に対する心身的苦痛の緩和に利用されたりしています。
その為、医療現場で働く医師や看護師、介護士が本業な傍ら、学んだりし現場に活用しています。
また、医療現場以外の、整体師なども学ぶことによって、通常のサービスにプラスαを付加した営業を展開しています。
この資格の取得のための期間ですが、それ程長期的になることはなく、仕事をしながらでも、比較的容易に取得出来ます。
また、かかる費用もそれ程高くありませんので、取得意欲も非常に高まります。
また、本業としてこのアロマを学ぼうと言う人も年々増えています。

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストはエッセンシャルオイルが持つ香の薬理作用を活用して、心や体の疾病予防や治療を行います。
セラピストの仕事内容はお客様に合ったエッセンシャルオイルを見つけ出すことから始まります。
今どこが弱っていて、どこを強くしたいのか、心や体の状態からお客様が求める香を見つけます。
そして、それを用いて、アロマトリートメントの施術を行います。
アロマセラピストはお客様の肌に直接手を触れて施術を行いますので、常に清潔に、そして綺麗にしておく必要があります。
また、自身の心身が清らかであることも、お客様を向かいいれるためには必要です。
施術前にはカウンセリングから行われますので、お客様が安心しては無しの出来る応対力を見に付けておくことも大切です。
アロマセラピストは、お客様に心から安らいで頂き、ほっとする事の出来るひと時を提供します。
一番のやりがいは、お客様から有難うといわれることです。アロマセラピストの資格を取って、本当に良かったと思います。
通信講座や通学でも講座など色々な所から学ぶことが出来ますので、職業としてはもちろん、それ以外に家族や自分の周りの人を癒してあげたいと少しでもおもうのであれば、まずは資格をとるのも良いでしょう。自宅で開業するのも夢ではありません。

アロマセラピストの給料

アロマセラピストの給料を全般的に見た場合、年収では約300万円、月収であれば15万円から20万円程度になっている傾向があります。
こうした収入の額は、一般的に同年齢の人の平均的な給与と比較すると高い方ではないかもしれませんが、アロマセラピーによるリラクゼーションの効果や、様々なアロマが秘めている効能などが徐々に認知されるようになり、より自然な療法として注目されつつあるのも事実です。

 

アロマセラピストの収入については、保有している資格やどれだけ経験を有しているかによっても違ってきますし、就職してから昇給して給与が上がるケースもあります。
また、エリアによっても変動があり、例えば大阪であれば、正社員のアロマセラピストであれば、月給で18万円から35万円程度の幅がありますし、パートやアルバイトとしては時給で825円から2000円程度、日給だと10,000円から15,000円程度の幅になります。
これを平均すると、正社員の給与で196,000円ほど、パートやアルバイトであれば時給で870円ほどになります。
さらに、店長や店長候補といったレベルになると25万円から30万円の給与になる場合もありますし、パートやアルバイトなら指名料、歩合給がインセンティブとして付くようなサロンもあります。

アロマ資格の活用法


アロマ資格は民間資格となるため、受験資格も設けられていないため誰でも受けられるのが魅力です。
受験者の目的としては、趣味の延長として取得される方が多い印象です。
美容業界に就職するために取得を考えている方もいますが、面接において多少の評価が受けますが、実務において役立つかといえばなかなか難しいのが現状です。
そのため、キャリアアップとしての活用法としては、未経験の方が就職や転職でやる気をアピールするために、関係のあるアロマ資格を取得するという方法はおすすめです。
しかし、ある程度キャリアがある方にとってはあまり意味がないように思います。
仕事ではなく趣味として取得した場合、アロマの知識が深まるだけでなく、友人や知人へのアドバイスなどもできるでしょう。
民間資格とはいえ、それなりに勉強時間は確保しなければいけませんし、必ず合格するというほど優しいものでもありません。
計画的な勉強をコツコツと続けていくことが必要になります。また、アロマ資格は人気の資格でもあるので、参考書や通信講座なども充実しているため、学びやすい環境にあります。
自分にあったスタイルで学んでいくことができるため、無理なく合格を目指せるのも魅力です。

アロマの勉強・資格を取るなら

心の診断 ページランク表示 商品 検索 ページランク別相互リンク集