アロマ資格を取るなら|アロマセラピストについて

アロマ資格を取りたいという方は多いと思います。
アロマセラピストになりたいという方もいれば他のセラピストとして活躍していてアロマの知識もつけたいという方、その他合わせてトータルでボディケアを学びたいというかたもいると思います。
さらにスクールもいろいろあり料金、サポートなども違います。
ですからいろいろ比較して選ぶことになると思います。
アロマの勉強ができるスクールの資料をまとめて請求できるサービスがあるのでそれを利用するのが一番効率が良いのかなと思います。
そこでおすすめのサービスを紹介しておきます。

アロマの勉強・資格を取るなら


ビューティー資格ナビ

ビューティー資格ナビは美容系のスクール・資格の情報サイトです。
様々なすスクール・講座の情報が掲載されており、大手からそれほど知名度のないスクールなども掲載されています。
アロマ関連のスクール資格情報も多く掲載されています。
無料で一括で資料を請求できるので便利です。

ケイコとマナブ.net

ケイコとマナブ.netはリクルートグループが運営するスクール・講座資格情報サービスです。
様々な種類の講座・資格・スクール情報が掲載されており、それらを無料で一括で資料請求できます。
電話番号を記入しなくて良いというのもポイントです。
大手で掲載数も多いので便利ではないでしょうか。

アロマセラピーとは

アロマセラピーとは、エッセンシャルオイルと呼ばれる植物由来の揮発性の油を使った療法のことで、アロマテラピーとも言われます。
エッセンシャルオイルにはそれぞれ特有の香りがあり、その香りによって身体や心を健康にすることを目的にしています。
香りが脳を刺激することでホルモンの分泌を調整したり、免疫力を高めたりする効果があると言われており、介護や看護の現場、認知症の施術などでも使用されています。
ヨーロッパやアラビアでは、古くから民間療法のひとつとして取り入れられており、日本でも江戸時代に西洋医学が伝わった際に、エッセンシャルオイルを使った医療が伝わっています。
芳香を意味する「アロマ」と、医療を意味する「セラピー」を合わせた造語で、もともとはエッセンシャルオイルを薬剤として用いる薬物療法のことを指す言葉でしたが、フランスからイギリスにアロマセラピーが伝わった際にエッセンシャルオイルを使った美容法として広まり、それが日本にも伝わったため、現在の日本でアロマセラピーを医療として認識している人は多くありません。
アロマポットなどを使って香りを楽しむのが一般的ですが、湯船にオイルを入れて肌と呼吸の両方から成分を取り入れるアロマバスや、オイルを潤滑油として使うアロママッサージなど様々な形で利用されています。

アロマの資格の種類

アロマと言うのは、昨今特に女性に人気の資格になります。
その種類は実に様々ですが、最近では、メディカルアロマと呼ばれるものに注目が集まっています。
この効果は、医療の技術だけでは到達することが出来ない部分、すなわち精神的な部分のケアに非常に効果があります。
日頃、入院生活に疲れを感じている部分への癒しの効果になります。
具体的には、なかなか治療しても完治しない、または原因不明の病など、長期的治療を費やす可能性があるものに効果があります。
特に、終末期を迎える末期癌の患者に対する心身的苦痛の緩和に利用されたりしています。
その為、医療現場で働く医師や看護師、介護士が本業な傍ら、学んだりし現場に活用しています。
また、医療現場以外の、整体師なども学ぶことによって、通常のサービスにプラスαを付加した営業を展開しています。
この資格の取得のための期間ですが、それ程長期的になることはなく、仕事をしながらでも、比較的容易に取得出来ます。
また、かかる費用もそれ程高くありませんので、取得意欲も非常に高まります。
また、本業としてこのアロマを学ぼうと言う人も年々増えています。

アロマの勉強・資格を取るなら

心の診断 ページランク表示 商品 検索 ページランク別相互リンク集